お問い合わせ

TOP  > 過去のシンポジウム  > 国際宗教研究所・宗教者災害支援連絡会共同主催 公開シンポジウム

シンポジウム

国際宗教研究所・宗教者災害支援連絡会共同主催 公開シンポジウム
「3.11以後の日本社会と宗教の役割」

日 時 2013年2月9日(土)午後1時~5時
場 所 大正大学1号館2階大会議室(東京都豊島区西巣鴨3-20-1)

報告

金田 諦應(曹洞宗通大寺住職/カフェ・デ・モンク マスター)
「傾聴移動喫茶「カフェ・デ・モンク」の活動について」
川村 一代(ライター/若一王子宮 権禰宜)
「3.11で発露した神道のこころ ~つなぐ~」
篠原 祥哲((公財)世界宗教者平和会議日本委員会 仙台事務所所長)
「震災対応における公共政策と宗教」
林 里江子(CLC(クリスチャン・ライフ・コミュニティ)被災地支援デスク/SIGNIS JAPAN(カトリックメディア協議会)会員)
「傷ついた癒し人 ―被災地における当事者性―」

コメンテーター

秋田 光彦(浄土宗大蓮寺住職・應典院代表)
渡辺 順一(金光教羽曳野教会長/金光教大阪センター 次長/支援のまちネットワーク 合同代表)

司会

稲場 圭信(大阪大学准教授)
黒崎 浩行(國學院大學准教授)

2012シンポジウム報告.pdf

ページトップへ戻る