お問い合わせ

TOP  > 過去のシンポジウム  > シンポジウム「阪神大震災が宗教者に投げかけたもの」

シンポジウム

シンポジウム「阪神大震災が宗教者に投げかけたもの」

日 時 1995年10月8日午後1時~5時
場 所 私学会館(京都)

パネリスト(発題順)

明石和成(浄土宗済鱗寺住職)
伊藤陽夫(八坂神社禰宜)
神田 裕(カトリック神父)
小泉 潤(日本福音ルーテル教会京都教会牧師)
薦田裕由(真如苑教学部教学課主事)
野田武志(創価学会兵庫池田文化会館事務長)
三浦義雄(金光教本部教庁教務課長)
水谷庄宏(立正佼成会青年本部次長)
安野嘉彦(天理教表統領室次長)
神田 裕(カトリック鷹取教会神父)
米村龍治(浄土真宗正龍寺住職)

コメンテイター

山折哲雄(国際日本文化研究センター教授)
川村邦光(天理大学助教授)

司会

中牧弘允(国立民族学博物館教授)
対馬路人(関西学院大学教授)

ページトップへ戻る