お問い合わせ

TOP  > シンポジウム  > 2021年度「生と死」研究会 シンポジウム「コロナ禍における死生学の課題」

シンポジウム

2021年度「生と死」研究会 シンポジウム「コロナ禍における死生学の課題」

(公財)国際宗教研究所は、東洋英和女学院大学・死生学研究所との共催で、2021年度「生と死」研究会を下記の要領で開催いたします。

日 時 2021年10月23日(土)14:40-17:50
場 所 オンライン開催
参加費 参加費無料
※参加をご希望の方は、事前に死生学研究所HPにてお申込みください(先着100名様まで)

発題1:佐藤泰子(京都大学大学院人間・環境学研究科人間社会論講座 精神分析学研究室研究員)

 「妖怪人間ベムはなぜ人間になりたかったのか―「死」からはじまる「生きる意味」と間(あわい)―」

発題2:新村秀人(東洋英和女学院大学 人間科学部教授 / 死生学研究所幹事)

 「精神医学からみたコロナ禍と死生学の課題」

司会

 奥山倫明(東洋英和女学院大学教授 / 死生学研究所所長)

コメンテーター

 藤本拓也(金光教国際センター次長・宗教学専攻)

 佐藤啓介(上智大学大学院実践宗教学研究科教授・死生学専攻)

_

 参加をご希望の方は、10月20日(水)17時までに、下記の死生学研究所HPよりお申込みください(先着100名様まで)
 死生学研究所HP:https://www.toyoeiwa.ac.jp/daigakuin/shiseigaku/news/post_10.html

詳細はこちらをご覧ください:2021「生と死」研究会シンポジウム チラシ.pdf

※「生と死」研究会についてのお問合わせはこちらまで
 死生学研究所 shiseigaku@toyoeiwa.ac.jp

ページトップへ戻る